CSRNavi

Village kids Spark a Sanitation Revolution Village kids Spark a Sanitation Revolution

Age-old customs started to change with a program that teaches
children the importance of using clean and hygienic toilet.

Download PDF
After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

New Challenges in Overcoming the Barriers New Challenges in Overcoming the Barriers

People with intellectual disabilites broadened their world through sport. Their supporters also learned from them and grew together. New challenges are set to achieve a more inclusive society.

Download PDF

Special message Special message

Toyota Motor Corporation (TMC) became a global partner of the Special Olympics International (SOI) in January 2018. Messages from the SOI Chairman Timothy Shriver and TMC President Akio Toyoda.

Download PDF
After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

Employee volunteering activities (Belgium) Employee volunteering activities (Belgium)

Disaster support activities(South Africa)

Download PDF

Activities to improve traffic safety (Vietnam) Activities to improve traffic safety (Vietnam)

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。

After Story...

私を引く1本の「糸」。それは広い世界へと繋がっている。

 その後、姜さんはトヨタ助学金プログラムの支援を受けることが決まり、貴州大学に入学。在学中に初めて、念願の海外へ。交換留学生に選ばれ韓国を、トヨタ助学金プログラムで日本を訪れた。さらに外の世界への興味が湧いた。「子供の頃から、私を導く1本の糸があるような気がしていた」とジャンさんは言う。彼女は糸をたぐり寄せ、チャンスを掴んだ。留学やトヨタ助学金もその1本の糸だった。広い世界に繋がる糸だ。
 姜さんが仕送りを続ける弟の文樟さんは、北京の大学で観光を学んでいる。「教育は自分の運命を変えられる。将来は故郷に戻り、地元発展の手助けをしたい」と学ぶことの大切さを語ってくれた。彼も姉の影響で日本にも興味を持ちはじめたという。日本に留学できないか模索中だ。
 彼女に同行し、親戚の家を訪れた時、彼女は鞄一杯の贈り物を配った。服、たばこ、化粧品。一つ一つは些細なもの。だが、ジャンさんの鞄には優しさが詰まっていた。「お土産やお小遣いを渡し、仕送りをする家族や親族がいることは、プレッシャーであり、原動力でもあります。私はたくさんの援助を受けた。次は私の番。お世話になった人達に恩返しをしたい。」
 現在、彼女の夢は仕事を通して日中韓をつなぐ架け橋になること。日本語の勉強もはじめようとしている。広い世界に繋がる糸は、さらに彼女を強く導く。彼女もまたその糸から手を離そうとはしていない。

北京の大学で観光学を学ぶ弟の文樟さん。

親戚の家でお土産を手渡す姜さん。